結婚相談所で結婚した人はどれぐらいいるのか?



結婚相談所・婚活サイト比較口コミランキング



トップ(結婚相談所・婚活サイト比較口コミランキング) » 結婚相談所で結婚した人はどれぐらいいるのか?

結婚相談所で結婚した人はどれぐらいいるのか?

恋愛経験が少ない人ほど積極的に活用するべき
結婚相談所を利用する場合、まだ恋愛に慣れていないという人が多いとは思いますが、身近にいい人がいないという場合には積極的に利用すべきです。恋愛や結婚は縁が大事だとはいいますが、幼馴染や同級生、同僚などといった狭い世界の中からあえて結婚相手を選ぶ必要はありません。 恋愛経験はたくさんあってもいいでしょう。しかし、実際にこの先の人生を二人で支え、家族を作っていくと考えるなら、結婚相談所はベストな結婚の機会を提供してくれます。
結婚相談所で結婚した人はどのくらいいるのか?
結婚相談所は全国各地にあります。大手から中小までいろいろあります。会員数1万人から10万人以下の結婚相談所での成婚率は10%から20%程度です。男性と女性の会員数でみると、女性の会員数のほうが圧倒的に多いようです。それだけ真剣に結婚について考える女性が多いといえるのは事実です。一方の男性も、結婚相談所を利用してまで、婚活をしないのかもしれません。結婚相談所を利用する理由もあくまでも結婚を前提に交際し、短い期間で結婚するということで、男女ともお互いに恋愛よりも結婚を目的に結婚相談所を利用することがほとんどです。結婚に至るまでは平均15人程度の異性に会うことが普通だそうです。いい人がいるのでは?と思う心理が、結婚までの道を遠ざけてしまうことがあります。 しかし、成婚に至るケースとしては、お見合いパーティーや合コンよりも結婚相談所のほうが圧倒的に高い確率を示しています。「結婚したい」という意思表示を暗に示しているのが、結婚相談所を利用するメリットかもしれません。 とはいえ、結婚相談所ではマッチングしてくれる仲人的なスタッフがいます。仲人ほどしきたりを重視したものではなくなっているのも最近の結婚相談所の傾向になっています。友人ではなく、間に入って相談に乗ってくれる第三者的な人物だからこそ、プライバシーにも配慮した相談相手になってくれます。以上の事からスタッフは相手との橋渡し役もうまい人が多いといえます。 こうして考えると、結婚相談所は、合コンや知人の紹介、仕事上の縁談などでもいい人に出会わなかった場合に、間口を広げると意味合いでうまく利用するといいでしょう。偶然の出会いや運命の出会いが見つかる可能性もあります。

読んでおきたい関連記事

婚活お役立ち情報
各結婚相談所の体験談